高血圧と脳梗塞の関係

高血圧と脳梗塞の関係

『血圧を薬で下げている人は、薬を使わない人より脳梗塞が二倍多い』

 

以前、新聞の載った記事のタイトルです。
いったいどういうことなのでしょうか?

 

このことに興味があり、
松本光正先生の「血圧心配性ですよ!」(本の泉社)を読んでみました。

松本光正先生の「血圧心配性ですよ!」を読んで

「降圧剤を服用していると脳梗塞になる可能性が高い」
と松本光正先生の言っていることがよく理解できました。

 

脳梗塞は脳の中の血管が詰まって、
血液が血管の中を流れなくなった状態です。

 

原因は2つ考えられます。

 

・他所からゴミが流れてきて血管を塞いでしまった

 

・血管の内側に汚れが付着して、徐々に血液の流れが細くなり詰まってしまった

 

どちらも血液が流れないので、
脳に栄養や酸素が行かなくなり脳に障害が発生します。

 

この症状が心臓に起きれば心筋梗塞だし、
肺に起きれば肺梗塞です。

 

高血圧に関係しているのは脳出血であって、
脳梗塞は直接高血圧に関係ないといいます。

 

※脳出血は血管の圧力が高すぎて血管が破れた状態です。

 

テレビなどで「脳梗塞で倒れないために」と特集がありますが、
高血圧が直接の原因ではないようです。

 

脳卒中には、脳梗塞、脳出血、クモクモ膜下出血があり、
これをごちゃ混ぜに考えては駄目ですね。

患者に多いのが脳梗塞

松本先生の患者さんにおいては、
脳梗塞が多く、
脳出血は滅多にいないようです。

 

「死亡統計 脳卒中の内訳」
脳梗塞84%
脳出血13%
クモ膜下出血3%

 

「高血圧=脳卒中」と思われているようですが、
実はそうでないようです。

 

人間の身体は、血管にゴミが詰まってくれば、
そのゴミを吹き飛ばそうと、
血圧を上げる働きをするようです。

 

血管の通りが悪ければ、
強い圧力で血液を送るしかありません。

 

酸素と栄養を巡らすために血圧を上げる働きをしています。

 

脳梗塞に関しては、
むしろ血圧が低い時に起きるといいます。

 

降圧剤を服用していれば、
血管が詰まってきた状態で、
血液の流れだけを弱めてしまうことになります。

 

ゆえに、脳梗塞を起こす可能性が高くなるということです。

インフルエンザの時の熱と一緒

人間の身体は、
インフルエンザに掛かると、
ウィルスを殺そうと高熱を出します。
身体の防衛機能です。

 

でも、世の常識では、
この熱を薬で無理に下げてしまいます。

 

すると、再びウィルスが活発になり、
死に至ることもあるといいます。

 

「熱=体に悪いもの」
と思い込んでいる人が多いようです。

 

昨年のこと、
私は滅多に寝込むことはありませんが、
急に高熱が出て2日間寝込みました。

 

朝起きたら動けないのです。
たぶんインフルエンザだったのだと思います。

 

でも、ウィルスを殺さなければと思い、
水枕だけをして、食事もせずにじっと寝ていました。

 

食事をしなかったのは、
自分のすべてのパワーをウィルス退治へ向けるためです。
常温の天然水だけを飲んでいました。

 

解熱剤や風邪薬は一切飲みませんでした。

 

すると、2日経つて熱が完全に下がりました。
トイレに行くと、どろっとした濃いオシッコが出ました。

 

その時感じたのは、
「しっかり身体が機能してウィルスを撃退したんだ」と妙に納得してしまいました。

 

人間の身体は素晴らしいです。
自分の身体を自分で守るようにつくられています。

 

高血圧の関してもそうだと思います。

 

血圧を上げなければならない状況だから
高血圧の症状になっていると思います。

 

それを上辺だけの考えて、
血圧だけ下げてしまえば、
それによる弊害が生まれだけです。

 

高血圧対策は、
降圧剤で無闇に血圧だけを下げるのではなく、
血圧を上げている根本原因を取り除くことだと思います。

 

それが健康へ道ではないですか?

 

降圧剤は服用している患者さんは、
脳梗塞になる可能性が高いということ、私も同感です。

高血圧と脳梗塞の関係関連ページ

血圧を測るのはいつ?朝起きたらが正しいのか?
正しい血圧の測定の方法は?1日のうち、いつ血圧を測るのが正しいのか?
松本光正「血圧心配性ですよ!」(本の泉社)の感想
降圧剤を服用に疑問を感じている方は松本光正「血圧心配性ですよ!」(本の泉社)を読むと良いと思います。高血圧に対する意識が変わります。薬に頼らない治療が健康の秘訣です。
高血圧の症状と頭痛と動悸の関係は?
高血圧症の男性に多いのが、動悸、頭痛、めまい、耳鳴り、肩こりなどの症状を伴うことです。どんな関係があるのか?血圧を下げ、頭痛や動悸の症状を解消する方法とは?
降圧剤の長期服用の副作用は怖い
降圧剤の長期服用の副作用は怖いですよ。降圧薬を長い間使うということは、棺桶への近道です。それに気付いていますか?高血圧症は生活習慣の改善で治すものです。
高血圧を自力で治す方法を教えます
『高血圧を自力で治すにはどうすれば良いですか?』と同僚に聞かれました。多くの人は何かを食べる、あるいは、サプリ等を摂れば血圧を下げられると考えているのですよ〜。
ライオン「トマト酢生活」を飲んでみました。血圧を下げる効果は?
ライオン「トマト酢生活」を飲んでみました。高血圧対策としてどうか?血圧を下げる効果は本当にあるのか?
メタボ解消で血圧も下げる
肥満と高血圧に関連があります。贅肉が増えれば、当然血液を送り出す負荷が増えます。メタボを解消することが血圧を下げるコツです。
血圧を下げるサプリに頼ってはいけない!
「高血圧症を改善するのに、血圧を下げるサプリはありませんか?」と聞いてくる方がいます。答えは「ありません!」です。健康になりたいのなら、対処療法は止めましょう。