ARB(アンジオテンシンU受容体拮抗薬)の副作用

ARB(アンジオテンシンU受容体拮抗薬)の副作用

ARB(アンジオテンシンU受容体拮抗薬)の副作用は、高カリウム血症、腎機能低下、感染症、ガンなどがあります。

 

ARBとは、アンジオテンシンU受容体拮抗薬のことで、AU拮抗薬ともいわれています。

 

現在の高血圧治療で、
カルシウム拮抗薬に次いで多く使われている降圧薬です。

 

ARBはアンジオテンシンUという血圧を上げるホルモンの生成を抑える作用があります。
特徴は、全体的に効果がゆるやかで、副作用が少ないことです。

 

降圧効果がカルシウム拮抗薬のように、
即座に現れるわけではありませんが、
最終的な降圧効果がカルシウム拮抗薬に劣るわけではありません。

 

腎臓の保護効果が強く、
糖尿病やCKDの患者さんでは、ACE阻害薬と並んで、
第一選択の降圧剤として使われます。

 

ARB単独で服用する場合の他、
カルシウム拮抗薬や利尿薬と併用するケースもあります。

 

妊娠する可能性のある女性、妊娠中や授乳中の女性、重度の腎障害があり、
血液中のカリウム濃度の高い方には使用できません。

 

薬には例外なく副作用があります。
長期的に服用する可能性が高い薬の場合、
長期的な副作用とQOL(生活の質)の維持を考えて、
服用するかどうかを決めなければなりません。

 

血圧が高く、高血圧による症状が出ているケースでは投薬もやむなしといえるかもしれません。

 

しかし、できれば薬に頼らずに、
生活習慣を改善して血圧を下げるのが一番です。

 

>>藤城式食事法

ARB(アンジオテンシンU受容体拮抗薬)の副作用関連ページ

カルシウム拮抗薬の作用と副作用
カルシウム拮抗薬の副作用は?頭痛、動悸、胸やけ、ほてり、むくみ、血糖値の上昇、うつなどです。
ACE阻害薬の作用と副作用
ACE阻害薬の作用と副作用は?服用した20〜30%の人に空咳の副作用が現れるといいます。
利尿薬の作用と副作用
利尿薬には、サイアザイド系利尿薬、ループ利尿薬、カリウム保持性利尿薬の3種類があります。利尿薬の作用と副作用についてレポートします。
α遮断薬とβ遮断薬の作用と副作用
α遮断薬とβ遮断薬の作用と副作用についてレポートします。副作用はうつ、喘息など。薬の服用には慎重になるべきです。