カルシウム拮抗薬の副作用

カルシウム拮抗薬の作用と副作用

降圧薬の副作用について理解した上で、
服用すべきですし、できれば使わない方が良いですよね。

 

今回は、日本で最も多く使われているカルシウム拮抗薬の服用効果と、
その副作用についてレポートします。

 

カルシウム拮抗薬は、もともと狭心症や不整脈の薬として開発されました。
その後に、偶然、降圧作用が発見されました。
現在では降圧薬として使われています。

 

カルシウム拮抗薬の作用は、
血管壁の平滑筋にカルシウムイオンが流れ込むのを防ぎます。
血管が収縮するのを抑え、血管を広げて血圧を下げます。

 

抹消血管だけでなく、
心臓の血管も広げる働きがあるので、狭心症にも有効な薬です。

 

カルシウム拮抗薬の副作用

 

カルシウム拮抗薬の副作用は、頭痛、動悸、胸やけ、ほてり、むくみ、血糖値の上昇、うつなどです。

 

カルシウム拮抗薬の種類

 

カルシウム拮抗薬にはいくつかの種類があります。

 

降圧薬として使われているものには、
ジヒドロピリジン系とベンゾジアゼビン系があります。

 

ジヒドロピリジン系は、
現在使われている降圧薬の中で、もっとも多く使われています。

 

動脈を拡張させることで血圧を下げる働きがあります。

 

また、臓器の血液が保たれるので、
臓器に障害がある場合によく使われます。

 

副作用は、頭痛、動悸、頻脈、顔のほてり、足のむくみなどがあります。
しかし、静脈は拡張させないので、立ちくらみなどは起こりにく薬です。

 

ベンゾジアゼビン系は、
ゆるやかに血圧を下げるときに使われることがあります。

 

ジヒドロピリジン系より脈拍を抑える効果があり、
血管よりも心臓に作用する薬です。

 

副作用は除脈や、まれに房室ブロックが起こることがあります。

カルシウム拮抗薬の作用と副作用関連ページ

ARB(アンジオテンシンU受容体拮抗薬)の副作用
ARB(アンジオテンシンU受容体拮抗薬)の副作用は?
ACE阻害薬の作用と副作用
ACE阻害薬の作用と副作用は?服用した20〜30%の人に空咳の副作用が現れるといいます。
利尿薬の作用と副作用
利尿薬には、サイアザイド系利尿薬、ループ利尿薬、カリウム保持性利尿薬の3種類があります。利尿薬の作用と副作用についてレポートします。
α遮断薬とβ遮断薬の作用と副作用
α遮断薬とβ遮断薬の作用と副作用についてレポートします。副作用はうつ、喘息など。薬の服用には慎重になるべきです。