薬なしで血圧を下げた方法

薬なしで血圧を下げた方法

私が降圧薬を使わずに、
血圧を下げた方法を紹介します。
答えは当たり前のように聞こえるかもしれません。

 

 

平常血圧に戻した方法は生活習慣の改善です。

 

 

高血圧症はご存じの通り生活習慣病です。
だから、生活習慣を見直し改善しない限り治りません。

 

 

しかし、この当たり前のことを忘れてしまっている人が多いと思います。

 

 

だから平均寿命を生きることなく、
人生半ばにしてあの世に行ってしまうのではないですか?

 

 

考えてみてください。
降圧剤を使って高血圧症の治療をするということは、
対処療法に過ぎません。

 

 

高血圧の症状を抑えるだけであって、
高血圧症の原因を根本的に改善するものではありません。

 

 

ここを勘違いしてしまっている人が多いのではないでしょうか?

 

 

生活習慣の歪みが血液を汚し、血液はドロドロになります。当然流れが悪くなります。

 

 

私たちの体には数多くの動脈がはりめぐらされています。
その動脈には心臓から送り出された血液が流れ、栄養素や酸素などを細胞に運んでいます。

 

 

血液の流れが悪くなれば、全身の細胞に必要な血液を送り出そうと、ポンプ役の心臓は、今まで以上に頑張るわけです。

 

 

当然、強い力で血液を送り出しますので、血管に圧力が余計にかかります。簡単にいえば、これが高血圧症のメカニズムです。

 

 

それなのに、薬を使って血管を広げ、薬の力で血圧を下げてしまえば、どうなるでしょう?

 

(もちろん、症状により薬が必要な方もいると思います。その方は医師の指示に従うべきです。)

生活習慣を改善しなければあの世行き

私が考えたのは、
降圧薬の力を借りても血圧を下げても、
それは高血圧症を治療したことにならないということです。

 

 

病気は体から異常を知らせるサインだともいいます。
火事場にたとえるなら、
小火が起きると、大事になる前に火災報知器がなり、
そのことを知らせてくれます。

 

 

これと同じです。

 

 

体が異常を知らせてくれているのに、
そのままにしておいたり、
何もせずに火災報知器を止めてしまえば、
当然大事になります。

 

私は医者でもありませんし、
降圧剤を使うことを否定するわけでもありません。

 

 

しかし、私の場合は医者に相談したところ、
新薬の降圧剤を使わなくとも良いレベルと言われました。

 

 

それだったら、身体に優しい漢方で症状を抑えながら、
生活習慣を改めることで血圧を下げようと考えたのです。

 

 

もし、このまま降圧薬を使ってしまえば、
血圧が下がったことをいいことに、
生活習慣を改めなかったでしょう。

 

 

もともと自分でしっかりと自己管理ができているなら、
生活習慣病にも高血圧症にもなっていません。

 

 

甘い方、楽な方を選んでしまいがちです。

 

 

だから、薬に頼らずに、
ここで自分の力で自分の健康管理ができるようにならなければならないと考えたのです。

 

 

すなわり、自分で自分の生活を見直し、悪いところを改めない限り、健康を戻すことはないと思いました。
小火をそのままにして、一生薬を飲み続ける選択はできませんでした。

 

 

私は、生活習慣を改善することが高血圧を治す唯一の方法だと思います。
そのために必要であれば薬を使う、使わなくとも大丈夫であれば、なるべき使わない方が良いと思いました。

 

 

▼降圧剤を使わずに食事で血圧を下げるメカニズムが良くわかります。
>>藤城式食事法

 

薬なしで血圧を下げた方法関連ページ

血圧165が、3日で、126に下がった。即効性あり。
血圧「165-104」が「126-83」に下がった。友人の男性が3日で、降圧薬なしで血圧を下げるのに成功しました。プチ断食とストレッチは即効性がありますね。
降圧薬に頼らないで血圧を下げる
副作用が怖い降圧薬を使わないで血圧を下げる方法には生活習慣を変えることです。生活習慣を変えるポイントを紹介します。
高血圧症を自分で治す方法[1] 血圧計と血圧手帳を準備する
降圧薬を使わずに高血圧症を自分で治す方法を紹介します。副作用が怖いので、降圧剤は極力使いたくはないですね。血圧計と血圧手帳を準備します。
高血圧症を自分で治す方法[2] 食生活の改善
食生活の改善で高血圧を自分で治す方法を紹介します。食事の改善では、なかなか血圧が下がらないという方のヒントに。
高血圧症を自分で治す方法[3] 血圧をコントロールする
高血圧症は自分で治す以外に治療はできない症状なのかもしれません。単一の食品に頼ったり、降圧剤に頼ったり、医師に頼るから血圧が下がらないとのだと思います